カートをみる 会員様・新規会員様ログインページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

東京の伝統工芸シリーズ第5巻 東京七宝

家にいながら社会科見学

東京の伝統工芸シリーズ




本シリーズは、数ある東京の伝統工芸品の中から東京都の制定制度において東京都知事が指定された品目を中心に制作しております。今や日本のみならず、世界中から注目を集める「ものづくりの国日本」の伝統工芸繊細な技術、実用性、美術的価値は日本が世界に誇れるものです。
普段見ることのできない製作工程。職人の息づかいまで聴こえてきそうな現場の雰囲気。思いを込めて作り続け伝統を守り続ける職人たちの生の声。長い歴史の中培われた職人たちの匠の手仕事。日本人が知っておくべき奥深き伝統工芸の世界を、家にいながらプロが撮影した美しい映像でご覧いただけます。

5.『東京七宝』
江戸初期、平田彦四郎(道仁)は朝鮮からの渡来人に七宝技術を学び、凹部に色付けしたと言われています。この方が我々東京七宝の祖であり彼は徳川幕府のお抱え七宝師として名作を残しました。刀の鍔は彼の名作として知られています。平田家は代々江戸に住んで明治初期までその技術は門外不出とされて来ました。慶応3年パリで第5回万国博覧会が開かれた時、日本の権威を海外に宣揚しようとして、幕府も使節団を派遣しました。そのとき薩摩藩がパリの勲章師にレジョン.ドヌールというフランスの勲章をかたどらせた「薩摩勲章」を作りナポレオン3世に贈り好評を博しました。このことを機に勲章の認識が高まり、時の新政府は元老院の前身左院で賞牌制を設けることが論ぜられ、明治年6年その製造が造幣寮に依頼あり、当時七宝作業の経験がなく旧幕府時代の七宝焼家元であった平田春行が明治7年に試作品を完成させ、後の旭日章となります。現在我々組合の七宝製作はこれをベースとして他方面に作品を供給しております。
女性装身具、紳士装身具、カーマーク、ゴルフマーカー、校章、社章、その他其の用途は非常に多いといえます。
カラー/26分/16:9LB/片面1層/撮影協力:畠山七宝製作所


東京の伝統工芸シリーズ第5巻 東京七宝

価格:

2,750円 (税込 2,970円)

[ポイント還元 148ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

関連商品

東京の伝統工芸シリーズ第1巻 江戸押絵羽子板

2,750円(税込 2,970円)
家にいながら社会科見学 東京の伝統工芸シリーズ 東京の伝統工芸シリーズ第1巻 江戸押絵羽子板

東京の伝統工芸シリーズ第2巻 江戸衣装着人形

2,750円(税込 2,970円)
家にいながら社会科見学 東京の伝統工芸シリーズ 東京の伝統工芸シリーズ第2巻 江戸衣装着人形

東京の伝統工芸シリーズ第3巻 江戸木目込人形

2,750円(税込 2,970円)
家にいながら社会科見学 東京の伝統工芸シリーズ 東京の伝統工芸シリーズ第3巻 江戸木目込人形

東京の伝統工芸シリーズ第4巻 江戸甲冑

2,750円(税込 2,970円)
家にいながら社会科見学 東京の伝統工芸シリーズ 東京の伝統工芸シリーズ第4巻 江戸甲冑

東京の伝統工芸シリーズ第6巻 江戸切子

2,750円(税込 2,970円)
家にいながら社会科見学 東京の伝統工芸シリーズ 東京の伝統工芸シリーズ第6巻 江戸切子

東京の伝統工芸シリーズ第7巻 江戸木版画

2,750円(税込 2,970円)
家にいながら社会科見学 東京の伝統工芸シリーズ 東京の伝統工芸シリーズ第7巻 江戸木版画

東京の伝統工芸シリーズ第8巻 東京籐工芸

2,750円(税込 2,970円)
家にいながら社会科見学 東京の伝統工芸シリーズ 東京の伝統工芸シリーズ第8巻 東京籐工芸

ページトップへ